もしもトリキュラーを飲み忘れたら?

トリキュラーは休薬期間以外は毎日飲むことで避妊効果があるものです。
そのため、飲み忘れてしまうと慌ててしまいますが、飲み忘れの状況によって対処法が違ってきます。
トリキュラーを飲み忘れて12時間以内の場合には、気づいたタイミングで飲むようにします。
前回飲んだトリキュラーの働きはまだ残っているため、翌日以降は今まで通りに飲み続けても問題ありません。
13時間以上24時間以内の場合にも同じように気づいたタイミングで飲むようにします。
この場合は前回飲んだトリキュラーの働きが弱まってしまっているタイミングのため、2週間ほどは念のために避妊具を利用するようにしましょう。
24時間以上飲み忘れた場合には、前日の分も一緒に飲むようにします。
この場合にも万が一の場合を考えて避妊具を利用するようにします。
飲み忘れたのが3日分だった場合には少し複雑になります。
トリキュラーのシートの1週目の場合には避妊効果がないと考えられるため、緊急避妊薬を飲んで次の生理から再度スタートさせます。
シートの3週目の場合には気づいた時点でトリキュラーを飲んで、今まで通りに最後まで飲み続けてから休薬期間を取らずに新しいシートを飲み始めます。
飲み忘れた日によって対処法が違うのはトリキュラーが3相性タイプの低用量ピルで飲むタイミングによって錠剤に含まれているホルモン量が違うことと、7日間ルールという「7日間実薬を飲めば排卵が抑えられる」というものがあるためです。
飲み忘れて慌てることがないように、決まった時間にアラームをセットしておいたり、毎日決まった行動をする場所の目に付くところにトリキュラーを置いておき、毎日きちんと飲むようにしましょう。

ページの先頭へ戻る