トリキュラーとずらすと種類について

ピルには種類があり、トリキュラーはその中でも低用量ピルに入ります。避妊をする目的での利用が最も多いですが、生理をずらすこともできますので、女性のスケジュール管理には役立ちます。月経周期を安定化させることもできるお薬ですが、効果を得るには続けて毎日飲むことが鉄則になります。

必ず毎日飲み続けていれば、ピルの作用には問題はないのです。低用量ピルは飲み忘れてしまうと、少し早急な対処が必要になります。それは12時間以上の時間が経ってしまうと、成分的に避妊効果が低下するからです。低用量ピルのトリキュラーだったら、シートには2つのパターンがあります。忘れないで飲みやすいのは、21日の間お薬を飲み、そのあと7日間は休むタイプの28錠のシートのタイプがいいでしょう。

21錠のシートは、21日のあいだお薬を飲んだら、そのあとお薬のない7日間はお休みで自己管理のもと契約をします。でも偽薬を飲むタイプのほうが、飲み忘れをしないでいいので、心配な人は、最初から28錠のシートのタイプを選ぶといいです。

ピルには飲み合わせと言うのも意識するべき点であり、安全性についても考えることです。組み合わせによっては、トリキュラーのもつ避妊効果が落ちることがあります。それに不正性器出血が発生しやすいなど、気をつけるべき組み合わせがあります。セントジョーンズワート含有食品や結核治療薬、ほかにもテトラサイクリン系、そしてペニシリン系抗生物質との飲み合わせは、しないようにしましょう。

トリキュラーとほかの医薬品でも、相手側の医薬品作用を強力にするので、飲み合わせでは向いていないものがあります。ステロイドなどの副腎皮質ホルモンや、三環系抗うつ剤に血糖降下剤などです。

ページの先頭へ戻る