トリキュラーは婦人科学会でも認められた安全性

近年では、我が国においても、低用量ピルがようやく解禁となり、より安全にピルが服用できるようになり、女性に取っては非常に喜ばしい傾向となっています。女性の社会進出も進み、責任ある仕事を持つ女性も増えており、予想外の妊娠は、彼女たち自身にも、社会にも、大きなマイナスとなってしまうことは否めません。妊娠によって、日常生活に影響を受けてしまうのは女性自身なので、自分の大切な身体を守り、悔いのない生き方をするためにも、子供を持つタイミングは自分の意思で決められるようにすべきです。そのためにも、低用量ピルは大きな助けとなってくれるもので、毎日飲み忘れることなく、きっちりと服用さえしていれば、ほぼ、百パーセントに近い確率で避妊を成功させることが可能となります。中でも人気が高い低用量ピルのトリキュラーは、婦人科学会も推奨している扱いやすいピルで、副作用のリスクもほとんど見られず、ピル初心者にもおすすめできるものです。トリキュラーは、三相性のピルと呼ばれており、錠剤に含まれるホルモンの量が、段階的に変化するようになっています。これは、女性の身体が本来持ち合わせているホルモンバランスと同じようになっているので、ピルを服用しても、副作用が生じにくくなるのです。特に多いといわれている不正出血も、ほとんど見られず、安心して毎日服用できる薬です。トリキュラーは高い避妊効果が期待できるだけではなく、毎月の生理周期を安定させる働きもあり、生理不順で悩んでいる女性には最適です。毎月決まった日に生理が訪れるので、仕事やプライベートの予定の管理もしやすくなり、また、生理時の経血量も減少するので、重い生理痛からも解放されます。

ページの先頭へ戻る