トリキュラーは自由診療で長期間服用で効果が期待

「トリキュラー」とは、低用量ピルとよばれるもので、避妊目的に使用される経口避妊薬の一つとして大変有名です。
トリキュラーは、日本人では一番よく使用されるピルとされており、初めて服用される方にも一番よく処方されます低用量ピルは、飲み忘れのないように正しく服用することで、ほぼ100パーセントの確率で避妊することが可能です。
また、これらのピルは、避妊目的のみならず、月経困難症や月経不順、子宮内膜症など婦人科疾患に対しての治療にも効果があります。しかし、飲み忘れが生じると、効果が薄れるので注意が必要です。
トリキュラーは、三相性と呼ばれるタイプの低用量ピルで、ホルモン剤の含有量が3段階に分かれています。これは、女性本来のホルモンバランスに近く、トリキュラーは3段階に分かれているので、一番使用しやすいタイプとされています。
トリキュラーなどの低用量ピルは、婦人科や内科などの専門医療機関で処方が可能です。また、トリキュラーは、保険診療適用外で
なので、自由診療になります。したがって、薬代はもちろんのこと、診察料や検査代も自由診療となり、すべてが実費となります。
低用量ピルは、長期間正しく服用することで、ほぼ確実な効果が期待されますので、短期間での服用は考えずに、服用を希望する場合は、長期間の服用を承知したうえで、使用しましょう。飲み忘れのないように、決まった時間に服用するとよいでしょう。
また、トリキュラー以外にも、ホルモン含有量の異なる低用量ピルは、数種類あります。自分が服用する目的によって、どの種類のピルが自分の身体に合っているかも見極めるために、医療機関でドクターにしっかりと相談したうえで、服用することをお勧めします。

ページの先頭へ戻る