トリキュラーは過長月経を緩和する医薬品です

一般的な女性の生理は3~7日程度とされています。しかし、中には8日以上続き、長い場合では数週間も続く人がいます。このように生理の期間が長すぎる症状を過長月経と言います。人によって少量ずつ長期にわたって続いたり、一度少量になったのに再び量が多くなるというような変化をすることもあります。子宮の位置や大きさ、子宮口の広さなどによっても生理の期間は違ってきますが、ストレスやホルモンバランスの乱れが原因となっていることがあります。あまりにも期間が長い場合には貧血などを引き起こしてしまう場合があるため、治療を行う必要があります。
過長月経を解消するために使用されるのが医薬品のトリキュラーをはじめとするピルです。トリキュラーには女性ホルモンが配合されていて、それによって服用すると体内の女性ホルモンのバランスをコントロールできます。その働きで避妊効果があるのですが、トリキュラーの効果の一つに経血の元となる子宮内膜が薄くなるというものがあります。これも避妊効果の一つではあるのですが、この効果のおかげで過長月経が改善され在す。子宮口が狭いなど生理が長引く原因があったとしても子宮内膜自体が薄くなるということは経血自体が少なくなるということなので、過長月経の改善効果が期待できるのです。
しかし、全ての過長月経がトリキュラーで解消されるわけではありません。ストレスやホルモンバランスが原因のものならば症状の改善が見られますが、子宮がんや卵巣がん、子宮内ポリープ、子宮筋腫など子宮と卵巣の病気が原因の場合には自己判断でトリキュラーを服用すると悪化してしまう可能性があります。まずは病院で過長月経の原因を解明してもらい、その原因にあった治療法を行うことが症状改善への近道になります。

ページの先頭へ戻る