生理不順の治療効果もあるトリキュラーと血液検査

トリキュラーは婦人科や産婦人科で取り扱っている薬で、女性の様々な悩みを解決出来る作用を持っています。
それらの女性の悩みとは、望まない妊娠を避けたい、生理不順を解決したい、生理痛を治療したいなどのことです。
トリキュラーは経口避妊剤またはピル、OCと呼ばれるタイプの薬で、分類としては低用量ピルになります。
ピルは卵胞ホルモン剤と黄体ホルモン剤が配合された、避妊を目的として作られた女性ホルモン剤で、その中で配合するホルモン量を少なくして副作用のリスクを下げたタイプのものが低用量ピルと呼ばれています。
トリキュラーは低用量ピルなので、副作用の危険性が中用量ピルなどよりは低くなりますが、血液中に血の塊が出来る血栓症という重い副作用が稀に起こる場合もあるため、トリキュラーを買いたい時には医師に相談をして、ピルを飲んでも問題無い体調であるかを判断してもらってから処方を受けることになっています。
トリキュラーを服用して避妊効果を得たり、生理不順の治療などに利用したい時は婦人科や産婦人科を受診しましょう。
婦人科などで初めてピルを買う時は、各病院によって対応が違っていますが、医師による問診や血液検査などをして患者さんにとっての安全性を確かめてから処方される場合がほとんどです。
問診では、医師がどういう目的でピルを使いたいのかや、体調、持病などについて聞いてくるので、もしも病気の治療中などである場合にも隠さずに話しましょう。
トリキュラーは安全性が高い薬ではありますが、他の薬との飲み合わせによって効果が低くなったりする場合もありますので、医師や薬剤師によく説明を受けることは大切です。
無事にトリキュラーを処方されて飲み続けた場合には、服用によって自分の体調に変化が無いかを常に気を付けておくのが良いでしょう。
ピルの処方を受けたクリニックで、定期的に血液検査などを受けて体調のチェックをするのがおすすめです。

ページの先頭へ戻る