トリキュラーを飲むことのメリット

トリキュラーという卵胞ホルモンと黄体ホルモンの作用によって避妊するピルがあります。
この薬を飲むことのメリットは何でしょう。
先ず、ちゃんと正しく服薬すればほぼ100%避妊することができます。
その効果として、卵巣にある卵胞が成熟せず、排卵が起こらなくなります。
卵胞ホルモンと黄体ホルモンが脳下垂体に作用して、卵胞刺激ホルモンと黄体化ホルモンの分泌が抑制されるためです。
また、受精卵が着床しにくくなります。
子宮内膜を厚くしないで、受精卵が着床しにくい状態にします。
さらに、精子が子宮に入りにくくします。
子宮頸菅の粘液の状態を変化させて、精子を子宮に入りにくくします。
そして、トリキュラーは避妊以外のメリットもあります。
例えば、生理周期をコントロールしてくれます。
生理が不順の人でも、生理周期が28日に整えられます。
生理が次にいつ来るか分かれば、毎月のスケジュールが立てやすくなります。
旅行などの生理だと困る場合、この薬で生理が来る時期をずらすことができます。
この他、生理の際の出血量が減って貧血が改善したり、生理痛が軽くなって毎月の生理が苦痛でなくなったりします。
さらに、ホルモンのバランスがすごく安定してニキビが出なくなった、 関節リウマチの症状が軽くなったという人もいます。
また、骨粗しょう症、子宮内膜症を予防することができます。
長く服薬し続ければ、乳房良性疾患、卵巣がん、子宮体がんのリスクが減少します。
トリキュラーの副作用については、他の避妊ピルと比べて少ないです。
不正な出血、つまり生理以外の出血、乳房の痛みやハリ、また嘔吐など胃腸障害などが出ることがありますが、2ヶ月~3ヶ月程で次第に消失します。

ページの先頭へ戻る